ハナガサイタ

都内でひっそり暮らすゲイの日記です。

僕と彼のGW(後半)

こんばんは。直です。

 

長いGWも今日で終わり。今日は、明日に備えてゆっくりと過ごしました。

GWの間に働いていたみなさん、本当にお疲れさまです。僕たちは、お出掛けしたり、家でご飯を作って食べたりしていましたが、行く先々の働く人たちのお陰で充実した連休を過ごすことができました。その他にも世の中を動かすために働いていて下さったみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

連休後半は、2つのイベントに参加してきました。

 

5月3日(憲法記念日

日比谷公園でこの日からスタートしたVIKING PARK 2019に、彼と二人で参加してきました。VIKING PARK 2019とは、日本初の定額制食べつくしフェスで、3000円のチケット(当日券は3800円)を持っていれば、各店舗の食品を1回ずつ食べられるイベントです。ガッツリ系から、スイーツまで全部で30の店舗が出店していました。1人で全店舗のものを食べきるのはかなりキツそうですが、2人でシェアしながら食べれば何とかなるかも!と軽いノリで行ってきましたが、なかなか大変でした。。

先日から始めた、YouTube Channelに、その様子をまとめました。長くなってしまったので、3つに分けています。まだ完結していませんが、徐々にアップしていきたいと思います。良かったら、チャンネル登録と高評価もお願いします♪

f:id:nao0920:20190506234219j:image

↓↓動画はこちらから↓↓

f:id:nao0920:20190506234242p:image

 5月4日(昭和の日)、5月5日(こどもの日)

GWに開催される音楽フェス『JAPAN JAM 2019』に行ってきました。4日は大学時代の友人と、 5日は彼と参戦したので、この2日間は、朝から夜まで音楽にどっぷりでした。

大勢の人が、同ステージを見て、拳を上げて同じ歌を歌っている景色は何度見ても感動します。そして気の知れた友人や、大好きな彼と隣ではしゃげる時間は、とても貴重な時間だなぁと思います。彼は、初めての野外フェスだったようですが、すごく楽しかったと満足した様子でした。ライブで歌を聞いて涙を流すあたり、フェス通いの素質があると思うので、これからも定期的に参戦しようと思います。

f:id:nao0920:20190506234520j:image

f:id:nao0920:20190506234529j:image

 

さて、明日から5月の勤務が始まります。長い休みの後には、トラブルが起こりやすいので、気を引き締めていきたいと思います。おやすみなさい。

 

直 

僕と彼のGW(前半)

こんばんは。直です。

 

長いと思われたGWもあっという間に半分が過ぎ、折り返してしまいました。連休中は、お出掛けと家でまったりの繰り返しで、ゆるりと過ごしています。

 

4月27日 土曜日

見頃を迎えたひたち海浜公園茨城県)のネモフィラを見に行ってきました。

今回は、彼の要望でレンタカーを借りて、ドライブデートにしました♪僕はマイカーを持ってませんが、車の運転は好きだし、移動中の車内が2人の空間になるのでドライブデートも大好きです。首都高から常磐道北関東道を進むと公園のすぐ側まで高速で行けるので、移動も楽チンなんですよね。

ネモフィラが見頃の時期は、公園周辺がすごく渋滞するって聞いてたし、出発前には三郷付近で事故渋滞の情報もあったんですが、進んでみるとひとつも渋滞に遭わずに到着できました。ラッキー♪

 

園内はとてつもなく広いので、レンタサイクルを借りて移動しました。赤と青がかわいい♪

f:id:nao0920:20190502075356j:image

ネモフィラが咲いている丘に到着すると、満開のネモフィラが広がっていました。ちょうど菜の花も満開で、黄色と青のコントラストがとてもキレイでした。

f:id:nao0920:20190502075258j:image

f:id:nao0920:20190502075320j:image

 

4月28日 日曜日

東京レインボープライドに2人で行ってきました。僕は、初めて行ったんですが、人の多さに驚きました。出典ブースも多くて、勉強にもなったし、いろいろ貰えたし、変わった写真も撮れてホントに楽しかったです。2人で手を繋いで歩いても、自然な感じでいられたのが何よりも嬉しかったです。

f:id:nao0920:20190502080426j:image

 

5月1日 即位の日

令和の時代を迎えたこの日、僕と彼のYouTube Channel【なおゆーChannel】を開設しました!!

まだ始めたばかりですが、2人の日常や、普段の様子を伝える場にしたいと思います。

初回は、ひたち海浜公園に出掛けた様子をまとめています。二人とも動画の編集は初めてだったので、練習のつもりで、同じアプリ、同じ素材を使ってそれぞれの動画を作りました。ぜひ、ご視聴してみてください。そして、よかったらチャンネル登録、高評価、コメントお願いします♪

↓↓チャンネルはこちら↓↓

f:id:nao0920:20190503002435p:image

 

さて、GW後半も楽しい予定がいっぱい!全力で楽しみまーす♪

 

僕と彼の週末 その2

こんばんは。直です。

 

今日で、左目の手術から1週間。頭の上からのシャワーが解禁です。彼と一緒にお風呂に入って、頭洗ってもらうのも悪くはなかったですが(笑)、自分でガシャガシャ洗うとやっぱり気持ちがいいものです。術後の摂酒制限は特になかったんですが、この日のために1週間我慢し、風呂上がりのビールを楽しみながらこれを書いています。ぷはーです。

 

さて、この週末の土曜日、前回のブログに書いた行ってみたい場所の1つ、千葉県佐倉市の佐倉ふるさと広場で開催中のチューリップフェスタに行ってきました。前々から開花状況と天気をチェックしていて、前日の情報だと天気は晴れ。開花状況は9割でちょうど見頃。迷わず出かけることにしました。実際に朝起きてカーテンを開けると、予報通りに青空が広がる最高のお出掛け日和でテンションが上がります。カーテンを閉じて彼を寝かせたまま、僕は約束していたお弁当の準備。そのうち彼も起きてきて、最後は一緒に作って、着替えて出発です。

 

会場の最寄り駅は京成佐倉駅京成臼井駅ですが、どちらからも歩くと30分以上かかります。今回は、レンタサイクルの自転車が借りられる京成佐倉駅から向かうことにしました。会場までは、オフロードの田んぼの真ん中を走ったり、京成の線路を走る京急の車両を見ながら走ったり、久々の自転車もなかなか楽しかったです。ゆーさんは、途中で自転車を降りて、大好きなタンポポの撮影にいそしんでいました。

f:id:nao0920:20190415231614j:image

 

会場に到着する前に、ちょっと手前にちょうどいい河原があったので、そこでお弁当。僕達以外にも、家族連れやカップルで来てる人たちもたくさんいて、会場の外までとても賑やかでした。お弁当を食べ終わって、いよいよ会場に向かいます。

 

すごい!一面チューリップです。そして、なぜかオランダっぽい風車まで(笑)。青い空にカラフルなチューリップが映えて、すごくキレイでした。見たかった景色を最高のシチュエーションで見ることができて、本当に満足です。

f:id:nao0920:20190415220252j:image

f:id:nao0920:20190415223115j:image

後で調べたんですが、佐倉市は『西の長崎、東の佐倉』と言われるほど江戸時代からオランダとの交流があるそうです。オランダ風の風車があるのも納得ですね。

 

ひと通り散策すると、彼が空港で飛行機を見たいと言うので、ちょっと足を伸ばして、成田空港まで行ってきました。展望デッキから離陸と着陸を繰り返す滑走路をボーッと見ながら、あの飛行機カッコイイねー♪どこまでいくのかなー?なんて、実りない会話をのほほーんとするのも楽しいもんです。

f:id:nao0920:20190415224644j:image

 

空港内のショップをふらふらと回っていると、何やら見たことのあるような柄のTシャツを発見しました笑 とてもかわいくて、すごく欲しかったんですが、M氏への畏怖の念により断念しました笑

f:id:nao0920:20190415225147j:image

その後は、爆睡しながら電車で家に帰り、またいつも通りの生活に戻ったのであります。

 

年度が明け、仕事も落ち着いてきたので、最近はこんな感じに平和な春を2人で過ごしております。

 

最後におまけ。今週末は、お弁当以外にもお料理頑張りました♪

金曜日の夕食。地元で買ってきたせんべいが余ってたので、せんべい汁、きんぴら、小松菜の煮浸し。

f:id:nao0920:20190415230253j:image

土曜日のお弁当。ドデカおにぎらず。ブロッコリーのマヨおかか和え。焼いてる途中に解けた、アスパラベーコン巻かず。星型ポテトは星が見えてない...笑

f:id:nao0920:20190415230259j:image

土曜日の夕食。水菜のサラダ。野菜たっぷりクラムチャウダー。トマトとナスのパスタ。

f:id:nao0920:20190415230304j:image

日曜日の朝兼お昼。豆腐のお味噌汁。目玉焼き。三崎で買った味噌漬け。何の魚だっけ?

f:id:nao0920:20190415230307j:image

日曜日の夜。無印良品のカレーとナン。ターメリックライスとラッシーは自家製です。

f:id:nao0920:20190415230311j:image

 

今週も始まったばかり。月曜の夜に週末を振り返って、1週間乗り切ろうと思います。

 

彼と見る景色

こんばんは。直です。

 

昨日のことですが、1月の右目に続き左目の手術をしてきました。痛くもなかったし、2回目の手術ということもあり、流れ作業的にあっという間に終わりました。片目が塞がれていたので、昨日は午後から何もせずに家でゆっくりできました。今日の午前中に眼帯を外してもらうと、両目ともに視界が晴れていて、遠くを見る度に感動しています。

 

春になり暖かくなってきましたし、彼とお出掛けしてキレイな景色を見るのが、ますます楽しみになります。東京の桜は昨日の雨でだいぶ散ってしまったようですが、まだまだ春を感じるスポットは、近くにたくさんありそうです。有名所ばかりですが、いくつか調べたものをメモ用にまとめました。全部行ってみたいんですが、見頃の時期と天気を見計らいながら、最高のシチュエーションで見に行こうと思います。行けなかった場所は、また来年以降に行けばいいですしね。

 

1.羊山公園 芝桜の丘(埼玉県秩父市

芝桜の有名スポットですね。一面に広がる芝桜と奥にそびえる武甲山には圧倒されます。1度行ったことがあるのですが、あいにくの曇り空と時期が少しずれていて、満開ではなかったですよね。彼も行ったことがあるみたいですが、思い出の上書きをしに行きたいです笑

 

2.あしかがフラワーパークの大藤(栃木県足利市

最近、世界的に注目されているテーマパーク。特にこの大藤棚は有名です。元々は違う場所にあったものを移植したらしいですが、その技術も素晴らしいのだとか。昼の太陽の下で見るのも、夜のライトアップも幻想的なんでしょうね。ここは2人ともまだ行ったことないので、ぜひ行ってみたいです。

 

3.ひたち海浜公園ネモフィラ茨城県ひたちなか市

ここも、有名スポットですね。天気がいいと、青空とネモフィラの色が同化して、凄くキレイに見えるらしいです。他にも綺麗な花が咲いているようですし、公園としてもとても充実しているので、天気のいい日にお弁当でも持って遊びに行きたいです。

 

4.佐倉ふるさと広場のチューリップ(千葉県佐倉市

ここは、最近初めて知りました。会場の辺り一面がチューリップに埋め尽くされるそうです。その数なんと72万本で、関東では最大級だそうです。風車もあって、オランダの風景を再現しているところもあるようです。ここは、僕らにとっては行きやすい場所なので、タイミングを見て行ってみたいと思います。

 

当面はこの4つを狙っていますが、梅雨時期には紫陽花、夏には向日葵も。2人のやりたいことリストはいつ消化できるのか。またどこかに出掛けたら、ここに書いていこうと思います。

そして、みなさんオススメのお出掛けスポットがありましたら、ぜひ教えてください。

 

 

僕のスタート地点

こんばんは。直です。

 

今日は、夕方から彼とは別行動。10年前社会に出てから、都内に越してくるまでの4年間を過ごした街に行ってきました。以前のブログにもちょっとだけ登場しましたが、当時馴染みにしていたお店に顔を出してきました。

 

このお店は駅から家に帰る途中にありました。レトロな佇まいと焼き物のいい匂いがお店の外まで広がっていて、引越してきてからずっと気になっていたんです。初めてお店ののれんをくぐったのは、引越してきてから最初の夏。入り口の引き戸は開けっ放しになっていて、中からはお客さんの賑やかな話し声。中に入るとコの字型のカウンターと小上がりの座敷に2つのテーブル。席はほぼ埋まっています。カウンターの中には炭火の焼き台と名物の煮込みが入った大きな鍋。茶色くなって年季を感じる壁に掛かったメニュー。入った瞬間に、お店の雰囲気が僕の心に刺さりました。

 

カウンターに通され、アルバイトの学生が、おしぼりを置くと注文を尋ねてきます。生ビールとオススメの煮込みを注文して、出来上がるのを待っている間に僕の携帯が鳴りました。ちょっと話している間にビールと煮込みが出てきます。久しぶりに連絡の取れた人からだったので、お酒を飲みながらその場で話し込んで盛り上がってしまいました。今ならそんなこと絶対にしませんが、周りも気にせずカウンターに座ったまま話し込んでしまったんです。しばらくして電話を切り、もう何品か美味しい料理とお酒を楽しんで、お会計をお願いした時のこと。女将さんにハッキリ言われました。

 


『電話なら帰って家でしな!』

 


そりゃそうです。お店は賑わってても、周りはおひとりで静かに楽しんでるお客さんや内輪で楽しく飲んでる方達ばかり。飲みながら、食べながら、電話しているのは、僕だけでした。素直に謝り、お会計を済ませると、今度は女将さんから優しい言葉。

 


『魚食べるの上手だね。張合いがあるよ。またおいでね。』

 


電話が終わってから注文した焼き魚の食べ方を見ていたらしく、そう声を掛けてくれました。失礼な振舞いをした僕に、他のお客さんが言いたかったことをストレートに伝える厳しさと、それでもまたおいでと言ってくれる優しさがありました。


なんて温かいお店なんだろう。

そう思った僕は、それから定期的に通うようになりました。20代の若者が1人で飲みに来るのは珍しかったのか、お店の女将さんや息子さん、馴染みのお客さんは、いつも優しく話し掛けてくれました。だんだんと名前を覚えて貰い、他のお客さんを紹介して貰い、お店での知り合いが増えていきました。そうなると、1人でお店に入っても、1人でいることがほとんどありませんでした。年齢、職業、立場いろんな人がいましたが、どの人も僕の悩みを聞いてくれたり、お酒の席での所作を教えてくれたりもしました。会社以外の人から聞くお話は、未熟な僕にとってはどれも新鮮で、勉強になるものでした。僕の社会人としてのアイデンティティは、ここを起点に作られたと言ってもいいと思っています。いつしか休みの日にみんなでテニスをしたり、潮干狩りに行ったりもして、お店の外でのお付き合いもするようになりました。4年間楽しく過ごさせて貰って、ついに僕の異動。都内への引越しを決めた時、お店で盛大な送別会まで開いてくれました。


今思うと、縁もゆかりもなかったこの街での生活は、家族や親戚はもちろんいないし、学生時代の友人とも離れ、孤独と不安でいっぱいだったんだと思います。会社には同期や年の近い先輩たちもいましたが、そこはやはり会社。何でも話せる人は、そうはいません。そんな僕に頼れる人生の先輩たちとのたくさんの出会いをくれたこのお店と女将さんには、とても感謝しています。


僕が引越して1年も経たないころ、今からちょうど5年前、一番仲良くして貰っていた馴染みのお客さんから連絡が入りました。


『女将さんが亡くなりました』


立ちすくむという言葉を、初めて自分の身で経験したような気がします。そして、思い出しても涙が出てきます。引越して以来、いつか行こういつか行こうと思いながら、しばらく顔を出していないうちに、こんなことになってしまうとは...

明日やろうは、馬鹿野郎。僕は、本当に馬鹿野郎です。会いたい人に会いに行く時間を惜しみ、死んでから会いに行くなんて。


今日は、女将さんの命日。どんなに忙しくても、毎年この日だけは、ここに来るようにしています。お線香をあげ、馴染みのお客さんとお店に集まり、思い出話と近況報告をしています。お店を出る時は、女将さんの『またおいで』が聞こえるような気がします。


僕の社会人としてのスタート地点となったこの街、このお店。いつまでも大切にしたいです。そして、そのきっかけを作ってくれた女将さん。本当にありがとうございます。


僕の10年

こんばんは。直です。

 

だんだん暖かい日が続くようになり、都内の桜は見頃を迎えましたね。僕も彼と2人でお花見をしてきました。木曜日は仕事終わりに待ち合わせをして千鳥ケ淵の夜桜。今日はお昼から錦糸公園に行ってきました。2人でゆっくり桜を見て、すっかり春の気分です。

f:id:nao0920:20190331182025j:image

f:id:nao0920:20190331182153j:image

 

さて、明日は4月1日。新しい環境での生活が、スタートする方もいらっしゃるのだろうと思います。特に、新しく社会に出て仕事を始められる皆さん、新社会人おめでとうございます。毎年この時期になると、あちこちで各社の新入社員らしい若者を目にします。5~6年前までは、共感を持って見ていましたが、最近は共感より応援したくなる気持ちで見ています。この感覚の変化は、単純に彼らとの年齢差が開いてきているからなんでしょうね。僕は、今日で入社からまる10年が経ち、明日からは11年目に突入しす。10年のケジメに振り返りと、新しく社会に出る皆さんに向けたメッセージを書こうと思います。

ブログを読んでくれている方に当てはまる人がいないかもしれないし、むしろ人生の先輩方にとっては、10年ごときの小僧の戯言かもしれません。温かい目で読んで貰えるとありがたいです。

 

この10年は、本当にあっという間でした。ざっくり振り返るとこんな感じ。

 

卒論修論の分野と違う分野の配属先で、必死に勉強した1年目。

東日本大震災を経験した2年目。

震災の対応に追われながらも、初めて後輩ができた3年目。

今まで続けられている仕事のきっかけができた4年目。

初めて異動した5年目。

仕事で論文を書くぐらいになった6年目。

評価されて異動した7年目。

1年中、激務に追われた8年目。

子会社への出向辞令を貰った9年目。

鬼のような上司に、初めて褒めて貰えた10年目。

 

自分の中でキーになっていると思う年は、2年目、8年目、10年目です。

2年目。あの地震が良かったとは決して思いません。忌まわしくも忘れてはいけない記憶ですが、社会人になって若い間に経験できたことは自分の糧になっていると思います。責任、信頼、価値。その後の対応に追われる中で、言葉の意味と自分の言動を照らし合わせる日々は、自分を強くしてくれたと思います。

8年目。過労死レベルの残業が数ヶ月続いて、それ以外の月も本当に忙しかったです。でも、上司、先輩、同僚、仲間には、本当に恵まれていました。愚痴を言いながらも、飲みに行っては励まし合って、なんとか乗り切っちゃったんですよね。辛かったのは間違いないんですが、後から振り返ると人間関係の部分では楽しかったんだと思います。この職場を離れる時、忙しさから開放される嬉しさと、みんなと離れる寂しさでいっぱいでした。今も忙しい時は、あの時に比べれば大丈夫と思って乗り切っています。

10年目。その上司は、本当に怖いんです。でも、たまに優しいんです。直属の上司ではないんですが、技術も経験も社内では誰にも負けないまさにドンみたいな人で、4年目の仕事を与えてくれたのもこの人。僕と知り合ってからは腐れ縁みたいなもので、僕がどこにいようが仕事をふられます。そして、ことあるごとに厳しい指導を受けます。ありがたい時(ひどい時)は、3時間以上もマンツーマンで時間を割いていただいたこともありました。口調は厳しいし、無茶も言うので、一見ひどいんですが、こちらの味方になると本当に最後までフォローしてくれて、責任まで取ってくれる優しい人です。いつしか、この上司に全く関係のない仕事でも、この人だったらどう考えるか、この人がこの資料を見たら何て言うか、考えながら仕事をするようになっていました。

先日、そのに上司に褒められました。泣いてはいませんが、涙がでるほど嬉しかったです。伝えてもいないのに、僕が入社10年を迎えることを知っていて、声を掛けてもらいました。具体的に何を言われたかは秘密ですが、僕のことをすごくよく見てくれていたんだなと思います。素直に嬉しい気持ちと感謝の気持ちを伝えて、もう3時間は勘弁してくださいとお願いしときました。

こうして振り返ると、僕は周りの人に恵まれていたなと思います。困った時に助けてくれる人がいるって、素晴らしいことだと思います。明日からも、10年分の感謝を胸に頑張りたいと思います。

 

それでは、明日から社会に出る若者にメッセージを2つ。

 

1つめは、僕が入社した時の上司の受け売りです。

「素直な心、謙虚な姿勢、感謝の気持ち。この3つがあれば、どんな仕事でもできる」

一人でできる仕事の量やレベルは、必ず限りがあります。誰かの力を自分の力に変えることも立派な仕事のスキルです。誰かの力を借りる時に必要な心の持ちようを表しています。

ただ、社会に出て10年が経ち経験を積むことで、ようやくこの言葉の本当の意味が分かってきたように思います。裏の意味を取るんですね。この3つのうちどれか1つでも欠けると仕事はひとつも進みません。これは、新入社員に限った話ではありません。自分の無知を素直に受け入れる。謙虚に教えを乞い、丁寧に理解する。感謝を伝えることで次に繋げる。当たり前で簡単なようにも見えますが、10年経った今でも常にこの3つの気持ちを維持し続けることは容易じゃありません。知らないことを放置して目先の成果を優先することもありますし、経験を盾に畏怖の気持ちを忘れたりもします。後輩にはありがとうを言い忘れたり、振り返ると胸が痛みます。

若いうちは初めてのことであれば、分かりません、教えてくださいをいくら言っても許されます。教えて貰ったらありがとうございますと言いお礼をすれば、明日からの先輩もきっと味方になってくれると思います。

 

2つめは、10年間働いて感じていること。

「命を危険にさらす仕事からは、今すぐに逃げろ」

僕が入社した時、先輩にあるメモを渡されました。某社の鬼十則です。当時はピンと来ないものが多かったですが、今では10のうち多くが理解できます。でも、今でも1つだけどうしても理解できないのがこれ。

「取組んだら放すな!殺されても放すな!目的を完遂するまでは。。。」

冷たいことを言うようですが、社会は厳しさと辛さと理不尽に溢れています。程度を下げることは出来ますが、これらを完全に避けることは無理です。困難に直面してもやり遂げるという意味は分かりますが、命を差し出す必要は決してありません。誰かのサポートを得られるように、信頼できる人を1人でもいいので作ってください。それでも、どうしてもダメな時は、命の危険からはすぐに逃げてください。大丈夫、1人が抜けたぐらいで組織は潰れません。1人の社員が抜けたぐらいで潰れるような組織は、それこそ今すぐに逃げた方がいいです。

この10年の間に、先程の某社では悲しい事件がありました。あのような事件は、2度と起こしてはいけません。働くために生きるのか。生きるために働くのか。どうか自分の命を大切に、ブレない軸をもってください。

 

 僕の振り返りとメッセージはここまで。読んでくださってありがとうございます。拙いブログのお詫びと言ってはなんですが、プチ情報を1つ。

例年通りであれば、明日の新聞のどこかに素晴らしいメッセージが掲載されます。毎年、成人の日と4月1日に新成人や新社会人に向けたメッセージが、サントリーの広告として掲載しています。寄稿は、作家の伊集院静さん。毎回、素晴らしい内容なので、新社会人じゃなくても心に響きます。長くつづけていらっしゃるので、2012年までの分はまとめて本にもなっています

1回の量は今日のブログの100分の1ぐらいで、100万倍は深く面白いと思いますので、是非読んでみてください。

 

それでは、明日から社会人11年目を迎える僕をこれからもよろしくお願いします。

 

彼の弱音

こんばんは。直です。

 

つい1時間前のこと。仕事終わりにLINEを開くと、彼が弱音を吐いています。仕事でいろいろあったようです。

彼を知ってる人はご存知かもしれませんが、彼は愚痴やネガティブなことをツイートしません。ブログにも書きません。僕にもあまり言いません。例外的に暗くなりそうな話題も、ポジティブの兆しを残して話します。

そんな彼なので、今日は何かあったんだろうなと思います。元々今日は彼の家に行く予定だったし、明日はゆっくり会社に行けばいいので、気が済むまで聞いてみるとしましょう。

きっと途中で眠くなって、寝るんだから。明日の朝になれば、忘れてるんだから。大丈夫。

 

あと1駅で着きますよー♪